TOP>seoテクニック

seoテクニック / アンカーテキストについて
相互リンクのランクアップ


このページでは、seoテクニックに関する
情報を掲載しています。
 登録メニュー
新規登録
リンクキット
更新・削除
新着サイト
ヘルプ
サイトマップ
おすすめサイト
相互リンクサイト

 コンテンツ
seoテクニック
無料seoツール 紹介
自動一括申込みサイト
検索エンジン登録代行
広告掲載について
運営情報

 スポンサードリンク



 グループサイト
seo対策は相互リンクで!
相互リンク ワールド
seo




 SPサイト






ここに広告を掲載するには

 seoテクニック  

seoとは、そもそもなんなのか?

Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略で「エスイーオー」と発音します。
seoとは、サーチエンジン(グーグルやYahoo!など)の検索結果のページの表示順の上位に
自らのサイトが表示されるように工夫すること。または、そのための技術をSEOと呼びます。
ホームページ制作会社などの中には、seoをメニューに用意しているところもあります。
また最近では、seoを専門とする業者も増えてきています。

サーチエンジンは登録されているWebページをキーワードに応じて表示しますが、
その際に表示される順位は、それぞれのサーチエンジンの独自の方式によって決定しています。
この表示順位が上にある方が検索エンジンを利用する者の目につきやすく、サイトへの訪問者も
増えるため、企業などでは検索順位を上げるために様々な試みを行なう場合があります。
その様々な技術や手法を一般的にseoと言います。


具体的なseoの手法には、ターゲットにするキーワードの適切な選択や被リンク先サイトの
増加などの手段があります。もし簡単に、どんなサイトでも表示順位を上に表示させることが
出来てしまった場合サイトの運営者にとっては、都合が良いですが検索エンジンを利用する
人にとっては、ほんとうに欲しい情報が手に入らなくなってしまう可能性が出てきてしまいます。
そのため サーチエンジンのサイトのランク付け(表示順位)のアルゴリズム(方法)は、年々
高度なものに進化し、頻繁に変更が行われ激しく順位の変動が繰り返されていますので、
思い通りに自らのサイトを検索結果の上位に表示させることが難しくなってきています。
つまるところseoには、はっきりとした王道は無く、地道にコンテンツ(サイトの内容)を充実させて
認知を広げていく以外に着実な手段は存在しないと言われています。

スポンサードリンク

相互リンクが、なぜseoに効果的なのか?

この相互リンク集「相互リンクのランクアップ」にアクセスしている人は、当然のことながら
seoやアクセスアップが目的で相互リンクをするためにアクセスしていることでしょう。
それでは、なぜ相互リンクがseoやアクセスアップに効果的なのでしょうか?
その意味を知っていながら、多くのサイトと相互リンクするのと知らずに相互リンクするのでは
おのずと効果の程にも差がついてきますのでしっかりと意味を理解することが重要です。

大手の検索エンジン(google、ヤフー)は、サイトの重要度を判断するにあたり、そのサイトの
「被リンクの質と量」を重要な要素として判断します。被リンクの量とは、いかに多くのサイトから
そのサイトへのリンクが向けられているか?被リンクの質とは、いかに質の高いサイトからのリンクが
向けられているか?ということです。キチンとジャンルごとにカテゴリ分けされた
良質な相互リンク集と相互リンクをおこなうことは、あなたのサイトへの良質な被リンクを
増やすことになるのでseoに有効なのです。

相互リンクのテクニック

相互リンクをおこなう場合の注意点として、アンカーテキストの設定があります。
アンカーテキストとは、リンクが設定された文字列のことで、一般的には自分のサイトのタイトルを
設定する場合が多いと思います。しかしこれが時として、seo的な観点からするとマイナス要因に
なってしまう場合があるので注意が必要です。例えばこのサイト「相互リンクのランクアップ」を
他のサイトにリンクしてもらう場合「ランクアップ」という文字でリンクするのは好ましくありません。
seo対策上好ましいのは、「相互リンク」または「相互リンクのランクアップ」なのです。

なぜなら検索エンジンは、リンクの文字=アンカーテキストを、そのサイトを理解するための
重要な要素として認識し検索結果として順位表示しますので、このサイトを「ランクアップ」という
言葉であちこちのサイトからリンクをされた場合、「ランクアップ」という言葉で検索すれば
上位に表示されるでしょうが「相互リンク」という言葉で検索された場合、上位に表示されない
恐れが出てきます。「ランクアップ」というアンカーテキストでリンクされると、単純にいうと
検索エンジンは、このサイトを見た時に「このサイトは"ランクアップ"だな?」と解釈する訳です。
これが「相互リンク」という言葉でリンクされていれば「あっ、このサイトは"相互リンク"だな」と
判断する訳です。したがって出来る限り、自分のサイトをどんな言葉で検索された場合に
上位表示したいのかを考えて、アンカーテキストを設定することが重要になります。

例として、「タラバガニを販売する会社、ABC海産」という会社のサイトを上位表示させたい場合は
アンカーテキストを"ABC海産"とするのは間違いです。この場合のアンカーテキストは
単刀直入に"タラバガニ"または"タラバガニならABC海産"として下さい。ユーザーは、タラバガニを
通販で買いたいと思ったときに”ABC海産”では検索しません。”タラバガニ”で検索するのです。
したがって、アンカーテキストを”タラバガニ”に設定し、検索エンジンに
「ABC海産のサイト=タラバガニ」と認識してもらい、タラバガニで検索した場合にABC海産のサイトが
上位に表示されるように対策するのです。これが相互リンクをする場合の基本です。

当然のことですが、サイトの中身 = コンテンツと関係ないアンカーテキストを設定しても意味が
ありません。サイトタイトル、html本文のh1タグなどに含まれる言葉を設定することで
アンカーテキストの重みも増します。したがってブログやサイトをつくる場合は
サイトタイトル、大見出し(h1)、中見出し(h2)、小見出し(h3)などに上位表示させたい
キーワードをちりばめることが重要になります。そしてそのキーワードでアンカーテキストを
設定するわけです。

>>




Copyright © 2007 RankUp. All Rights Reserved.